お金を借りる

お金を借りるまでの過程とカードローンの利便性

MENU
RSS

いつでもお金を借りることが出来るカードローンの使いやすさを実感した

今の私にはお金を借りるのに便利な消費者金融のキャッシングサービスは必要不可欠です。
とにかくこれほど便利で使い勝手の良い機関はありません。
1万円や2万円と言った少額のお金も、10万円、30万円あるいは50万円と言った高額のお金も、キャッシングサービスを利用すれば直ぐに融資してくれるのでいつも大変助かっています。
特に少額のお金の際には数日以内で返済していますが、銀行の時間外手数料よりも安い利息ですのでちょこちょことお金を借りる時に利用させてもらっています。
キャッシングサービスを受ける前にはもちろん事務的な申し込み手続きがあってお金を借りるための審査を受ける必要があります。
私が初めて消費者金融を利用した際には、無人契約機ですべての手続きを行いましたが正直緊張しましたね。

 

その大きな理由として審査があったからです。宣伝広告には数秒で終わると書かれていましたが、それでも万一パスしなかったらどうしようと思い、内心ドキドキしていたことを今でも鮮明に覚えています。
私は一般的な会社に勤めるサラリーマンですし、これまでお金に関するトラブルはありませんでしたが、どういった審査が行われるのかなどは分かりませんでしたので何とかパスするように念じていました。
しかしながらこうしたお金を借りる前の不安や心配は不要でしたね。
広告通り数秒で終わってしまって、見事のパスすることが出来たのであっけなかったです。
しかもその後は直ぐに必要額をキャッシングしてくれたので、こんなの便利な金融機関はないと今でも愛用しています。

 

不可欠な付き合いのためにお金を借りる

私は以前にクレジットカードやカードローンの類の全ての借り入れを全て解約してお金を借りる事なく現金のみで生活をしていこうとしていた時期がありました。
その理由は、借り入れなどの体験談を参照すると非常に苦労したというような体験談が多く見受けられたように感じたからです。
結果的に言うと、私の現金だけで生活しようとした試みは失敗を迎えました。

 

その理由のうちで最もたるものが職場などの友人との付き合いだったと思います。
仕事終わりに毎日、飲み歩いてという訳ではないのですが週2回くらいは飲みに誘われます。
私も付き合いは嫌いではないのでついていくのですが、その時に気になるのが会計です。
通常は、誰かがカードなどで払って後で割り勘といった形が多いのですが、自分がカードを持っていないと、誰も持っていなくやっぱり辞めるかというような形になってしまったことがあります。
また現金だけの生活はその日に使う金額を予想して常に財布の中に入れてなくてはいけません。
なので不必要に大きい金額を入れておかなければいけない時もあり、不安になると同時に不意の出来事があった場合にその日または後日に影響が出てしまいました。
それが嫌だと考えると、遅い時間までやっているATMの時間を前もって調べたりと非常にめんどくさいと感じてしまうことが多くありました。
中でも最も面倒だと思ったのが毎日お昼休みの度に会社の外のATMまで足を運ばなければいけないという事でした。